読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツイッター中毒者の弁明

さて、タイトルとは関係のなさそうな話から始めるが僕は大阪市立大学文学部に所属している。誤解を恐れずはっきり言うが、ここの授業は面白くない。作品を読むだけ、家で訳してきて当てられたら答えるだけ、説の羅列だけ、そんな授業が結構な数ある(ちなみに課題が楽かと言えば決してそうではない。受験生には大阪市立大学文学部は絶対におすすめしない)。「じゃあなんでお前は文学部にいるんだ」と問われるだろう。これもまとめると一言で終わる。単に本が好きだからである。ではなぜそんな自分なのに授業はつまらなく感じるのか?考えてみた。まず一つは文学という学問領域自体の特性に起因する説、もう一つは大阪市立大学文学部の教員の能力不足が原因説。後者の説は可能性としてはあり得るので一応挙げたが、こう結論づけることになるとお世話になっている先生方に大変失礼なので、前者であることを信じつつ、もう少し考えてみた。文学という学問の特性とは?(自分はまだ学士すら取れてない高卒だし、読書量や頭の良さにおいて特に秀でているわけでもないので、ここから先は今まで以上に話半分で聞いてもらいたい。)趣味として読書を楽しむ人は無数にいるだろう。しかし文学部の本の読み方は一般的にイメージされる本の読み方とは異なる。読書が好きで文学部に入ったはずなのに、テストやレポートに苦しむ人は無数にいる。なぜか?文学部の読書は発見を求めて行われるからだ。産みの苦しみという言葉もある通り、何か新しいものを作り出すことには往々にして苦痛が伴う。しかし苦しむ価値はある。他人から見たら面白さのないしょっぱい結論であっても、先学の説と全く同じであっても、自分なりに文章を解釈し、新たな文章を産み出すことは快感なのだ。

ここでようやく本題に入ろう。

なぜツイッターばかりやってしまうのか?産みの苦しみもクソもなく思いのままに言葉を書き連ねるだけで無能でも新たなものを産み出したような気になれるからである。

おわり

急にポエムを書いたこと及びオタクカーストの記事の続きを忘れていたことに関しての弁明

1個目

今日の大学の授業は詩人の方が講師として来たのでそれに触発され温めていたものをアップしました。

以上!


2個目

これに関してはハッタツはよく物事を忘れるから、としか言いようがないです。

すいませんでした!!!

楽しみにしている方もおられるのですが、まず自分自身そんな記事を書いたことすら半ば忘れかけており、またこれは結構難しい問題だなと思ったので続きはまだ書けません!

重ね重ねすみません!!!



ポエム「ネタバレしたことに関しての弁明」

シェイクスピアを他人に貸した

僕は彼女に解説する

それは4大悲劇の1つだと

すると彼女が怒って言うには

「悲しい結末なの」

「ネタバレしないで」

僕は謝った

そのあと弁明した

腐った性根の人間がよくやるように

自らの正しさを確信しながら

「大事なのは途中なんだ」

ハムレットは死ぬ

僕も死ぬ

あなたも死ぬ

ポリティカル・コレクトネス擁護に対する反対の立場からの弁明

トランプ勝利以降出てきたポリコレ擁護は「現状のポリコレは全ての人間、少なくとも全てのマイノリティを分け隔てなく救い、かつマイノリティ同士、あるいはマジョリティとの権利の衝突にも十分な調整が為された完全無欠なもの」という現実に反した前提の元で行われているからどれも全く説得力がない。

またこのような擁護意見もあった。

「多数決の原理では絶対に負けてしまう弱者を守るため、ポリティカル・コレクトネスは必要だ。」

なるほど、確かに弱者、少数者の尊重は民主主義にとっても重要である。だが、その場合ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)の「正しさ」は誰が担保するのか?無知な大衆はレイシズムに染まっているので、高史明先生や北田暁大先生のように高い教育を受けたインテリだろうか?

これに関してはくどくど反論せずともとりあえずヒュームやモンテスキューら、偉大な啓蒙思想家がアフリカ人は野蛮だという説を後押ししたという例を挙げるだけで十分だろう。このような例は他にも枚挙に暇がない。

何が正しいかなんて東大生にすら分からない。

判断をするのは後世の人たちだ。

自分なりの「正しさ」について述べたところで今回は筆をおきたいと思う。

オタクの分類及び自分が1番下のカーストに属することに関しての弁明

俗にいうツイのオタクには大きくわけて3種類あると思う

1番上のカーストはイキリオタク

ウェイにもオタクにもなりきれない半端者だと言われがちだが、性の悦びを貪欲に求める姿勢は評価されても良い

例を挙げるとしゅ○しん、ゴミク○ーンなど


2番目のカーストは正統派オタク

オタサーに入ってワイワイ楽しむ系統

明るめのネタツイを多めにしている人はここに当てはまる

中学生のような下ネタが好きで、下品な話題をコミュニケーションツールへと昇華させることのできる、セックスこそ未経験だが隠れコミュ強が多いのがこのカースト


3番目のカーストは陰湿オタク

童貞なのでイキリオタクや健常者にはなれず、かといってオタサーのノリにも馴染めない、陰湿なゴミ

アニメやゲームに必ずしも詳しいわけではない

僕もこれに当てはまると思う

本当はここからタイトルにもある通り弁明しなきゃいけないのだが、今回のブログは休み時間の暇つぶしであり、授業が始まったのでまた今度




何の界隈にも属していないことに関しての弁明

僕のフォロワーは現在800人以上(中にはスパムなどもあるが)いるが、雑多にフォローしたためフォロワーたちが所属する界隈は各々バラバラだ。僕自身はどの界隈にも属していない。仲のいいフォロワーがいても、彼らには彼らの所属する界隈に俺とは別に仲のいい人がいて、その人たちは俺のアンチだったりするのだ。友人の友人と不仲なのは寂しいことだし、自分自身望んで一匹狼になっているわけではない。ただ集団に馴染めないのだ。

「説明」に関しての弁明

今年の4月まで飲食店でバイトしていた。

自分はディスク(動作性IQと言語性IQの差)が約50ある重度の発達障害なので、全くと言っていいほど仕事ができなかった。健常者の思考法についていけなかった、彼らの考えを理解できなかったので、ミスをしたとき、ハッタツである自分の考えを知ってもらおうと、失敗した理由と失敗に至るまでの過程を店長に「説明」した。すると店長はいつもこう言った。

「それは君の言いわけだろう?」と。

自分としては上に述べたように言い訳のつもりは毛頭なく、ミスの原因を明らかにし再発を防ぐために行なった、前回の記事で述べたところの「弁明」なのだが、健常者には言い訳と取られてしまうらしい。

少し納得がいかない。

最も、世界は健常者を中心に回っているので彼らに適応しないことには我々に明日はない。自分も学習し、それ以降働いた職場では「説明」「弁明」は一切していない。